about

空気のように何気なくそばにあって、そしてあるとなんだか嬉しい。穂積繊維 はいつもそんな絨緞をつくりたいと考えています。